健康保険 扶養関連情報

健康保険の扶養について

健康保険の被保険者によって生活の維持を行っている人は被扶養者ということになります。
この被扶養者には決められた範囲があります。
それは法律でしっかりと決められており、被保険者と必ずしも同居でなければいけないと言うようになっています。
配偶者や子供や孫や兄弟や親に関しては同居でなければいけないと言うことはありません。
しかし内縁の配偶者の父母や連れ子に関しては同居でなければいけないというように決められています。
18歳以上で60歳未満の家族に関しては、配偶者や18歳未満の子供や60歳以上の家族が該当者になっているということから被保険者の支援がなくても自立をして生活をしていくことができると考えられますが、被扶養者にするためには就労できない状態であるということを証明する必要があります。

Copyright(c) 健康保険 扶養 . All Rights Reserved.